自己処理のデメリット

自己処理は手間がかかる

脱毛を自己処理ですませてしまおうと考えている人は少なくありません。たしかに、シェーバーや毛抜き、ワックスやクリームなどによる脱毛、家庭用脱毛器などで全身すべてを脱毛できるならコスパはよいでしょう。ただ、長期的に見た場合には自己処理にもデメリットがあります。
まず、そもそも、全身脱毛するには手間がかかるという点です。自分の目で見える部分や手が届きやすい部分である手足はともかく、うなじや背中、デリケートゾーンなどはしっかりと目で見ることも難しいため、しっかり脱毛できません。全身を脱毛しようとすれば、鏡を使ったり、部分によっては人に手伝ってもらったりなどしなければならず、かなりの手間と時間がとられるでしょう。

肌の健康へのリスクがある

次に肌の健康へのリスクも見逃せません。シェーバーはシェービング剤を塗布してから、毛の流れに沿い剃っていきます。このときに皮膚を傷つけてしまうと、皮膚細胞が炎症・活性化し、黒く色素沈着してしまいます。さらにシェーバーで剃った毛の断面は広くなるため、残った毛が黒く目立つケースも多いです。 また、毛抜きは根元から毛抜きで毛をつまんで引き抜くため、肌への負担が大きいです。毛を抜いたあとの毛穴の処理をしっかりしておかないと、毛穴で細菌が繁殖し毛嚢炎になることもあります。シェーバーや毛抜きで処理した部分は、毛の再生スピードよりも皮膚の再生スピードが早いことから、毛穴が皮膚でふさがってしまう埋没毛も起こりやすいです。ワックスやクリームは敏感肌には不向きで、人によっては肌荒れの原因になります。家庭用脱毛器は使い方次第では、肌の負担は軽減できますが、脱毛効果を感じられるまでには手間や時間がかかるでしょう。